科目と教育方法
HOME > 科目と教育方法 > 科目の構成
科目の構成

演習とケース科目で実践的な事業経営力を身に付ける。

image
経営デザイン専攻における科目の構成は、問題発見・解決の実践能力の向上を目指した「演習科目」と事業マネジメントに関する専門知識・技能の向上を目指した「講義科目」に大別されます。

演習科目
プロジェクト研究演習
専門領域に対応して設定された経営課題に対してグループワークを行う研究課題演習。
研究指導演習
修士論文研究のために研究室で研究指導を受ける研究演習。
インターンシップ
企業での現場演習。

講義課目
ケース科目
◎技術系経営幹部講話
技術系のバックグラウンドを有した経営幹部が、自身のキャリアアップの跡をたどりながら、それぞれのレベルでの目標の立て方、課題への取り組み方などを教授する科目。
◎経営課題対応事例研究
技術系経営幹部が、経営課題に取り組んだ具体的な事例を、一定のフォーマットに従って整理して教授する科目。
理論科目
マーケット・顧客開発、製品・サービス企画・開発、SCM・ロジスティクスマネジメント、生産マネジメントおよび事業経営の5領域の科目、および経営工学基礎科目。

1. 演習科目

image
※PBL: Project Based Learning
プロジェクト研究演習
プロジェクト研究演習は事業経営のマネジメント場面を疑似体験し、設定した課題に理論・手法を適用することで実践力をつけることをねらいとしたPBL型の演習科目です。
演習科目ごとに設けられた研究課題に対し、4〜5名の学生グループが授業時間外も含めて調査・分析、計画・設計などの研究作業を行い、授業時間中に研究作業経過報告や結果を発表・討議します。

研究指導演習
主として修士論文研究のために、以下の研究指導を行います。

修士論文作成過程(テーマ決定から論文執筆・発表)における指導。
研究室の専門分野の知識・スキル習得の指導。
研究室での学習指導。

修士論文研究では、自分のテーマに応じた研究作業を行うとともに、研究室ごとのゼミに加えて全研究室が参加する合同ゼミでの発表・討議を行います。さらに、中間発表、研究計画書の提出、論文概要および本論の提出、審査会での発表を行う必要があります。

インターンシップ(社会人履修プログラムの学生は実務経験により単位を認定します)
提携企業などで、事業経営の現場を体験する2週間以上の研修プログラムです。

2. 講義科目

講義科目は、ケース科目(2科目)、理論科目(33科目)から構成されます。一部の科目を除き1単位科目で、1週90分の授業を8週行います。講義科目全体で、18単位の取得が修士課程の修了要件となります。

講義科目一覧はこちら
Page Top