教育システムと履修領域
HOME > 教育システムと履修領域 > 大学院プログラムの特徴と教育対象者
大学院プログラムの特徴と教育対象者

練り上げた教育システムで、 次代のリーダーを育てていく。

修士課程での到達目標
経営工学を学んだ学生
事業経営に必要な
マネジメント技術力の修得
固有技術を学んだ学生
経営センスのあるテクノロジストに必要な
マネジメント基礎力の修得
社会人
技術ベースの事業経営リーダーとしての
マネジメント総合力の修得
博士後期課程での到達目標
革新的な経営技術の研究開発を行うことのできる
事業経営技術のスペシャリストとしての能力の修得
授与学位
修士(経営工学)
博士(経営工学)
photo image

経営デザイン専攻の教育プログラムは、「研究・開発成果の商品化・事業化のマネジメント技術」と「生産・供給を中心とした事業オペレーション改革のための計画・運用技術」からなる、「モノづくり技術に基礎をおいた価値創造事業マネジメント」の実践的教育・研究を、以下の人を対象に行っています。

学部で経営工学の基礎を学び、事業経営技術の専門家を目指す学生。
学部で固有技術を学び、将来、技術系企業において、製品開発や生産・供給などを担う技術者を目指す学生。
実務の場で、商品化・事業化、あるいは事業オペレーションシステムの計画・運営などに関わっている社会人。

理論系に強みのある学術分野でキャリアアップした教員に、企業経験者で実務経験豊富な教員が加わったチームによる教育・研究指導体制を構成し、価値創造事業マネジメントについて、PBL(Project Based Learning)形式を中心に据えたカリキュラムのもとで、以下の目的を持って実践的な教育・研究を行っています。

事業創造・事業改革に焦点をあてたカリキュラムによる、専門知識・技能の向上。
演習・ケースに重点を置いた、問題発見・課題解決能力の向上。
ビジネスを疑似体験する研究課題による、実践力の養成。
グループワーク課題による、チームマネジメントとリーダーシップの涵養。

本専攻の修士修了者(一般学生)の進路としては、製造業、流通・運輸産業、健康・医療産業、コンサルティング機関などです。
Page Top