教員紹介 Faculty members

photo

教 授

大野 高裕

TAKAHIRO OHNO

◎プロフィール/理工学術院 教授

大学にて一貫した実学的理論研究および企業・団体に対する経営指導・研修指導を行ってきた、実学指向の研究者。「利益の創り込み」の観点から、コストマネジメント、フィナンシャル・エンジニアリング、消費者行動モデル等の研究に取り組んでおり、研究対象業界もメーカーから医療、アミューズメントまで多岐にわたっている。専門は、経済性工学、マーケットモデルなど。
早稲田大学理工学部工業経営学科卒('78)、同修士、博士課程修了('86)、工学博士('88:早稲田大学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
価値・コストエンジニアリング 他

◎研究指導/プロフィットエンジニアリング研究

新事業、既存事業の改革を推進するにあたっては、長期・短期にわたる利益の確保(採算性の検討)が不可欠である。利益の創り込みのための工学、即ちどのように売上および原価を設計して実行するのか、といったことを評価するツールの開発が、今後とみに求められることになる。本研究ではこうしたツール開発の研究指導を行う。

研究室のサイトへ

photo

准 教 授

鬼頭 朋見

TOMOMI KITO

◎プロフィール/理工学術院 准教授

生産工学分野の様々な課題に対して、他分野の理論や手法を取り入れた領域融合的アプローチと取り組んできた。海外のビジネススクールでの上級研究員の経験と培った人的関係を生かし、現在も経営学・経済学の専門家らと幅広く共同研究をおこなっている。近年は特に、ビッグデータ解析+ネットワーク科学というアプローチを主軸にし、産業レジリエンス、サプライネットワーク構造、イノベーション創出、企業の製造戦略等の課題に取り組んでいる。
東京大学工学部精密機械工学科卒、同修士、博士課程修了('07)、博士(工学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習

◎研究指導/複雑系生産システム研究

様々な不確定性・リスクがある状況下で、産業が安定性・発展性を持続するためには、生産活動主体(企業や人々)間の協調が求められる。一方で活動主体は、他者と競争する必要もある。研究指導においては、活動主体の多様性、主体間の関係の複雑性、産業全体の持続性を統合的に考慮した上で、企業戦略・取引関係構築・イノベーション創出・産業レジリエンス等のデータ解析やモデル構築をおこなう。

研究室のサイトへ

photo

教 授

福重 真一

SHINICHI FUKUSHIGE

◎プロフィール/理工学術院 教授

設計工学やシステム工学の視点から、製品とそのライフサイクルを総合的に設計し運用していくための方法論や計算機支援システムの研究に取り組んでいる。これまで多くの企業と製品開発プロセスや生産システムの改善に向けた共同研究を実施しており、現在は持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた産業政策立案のための国際共同プロジェクトなどに参画している。東京大学工学部精密機械工学科卒、同修士、博士課程修了(’06)、博士(工学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
環境調和型生産システム

◎研究指導/ライフサイクルエンジニアリング研究

持続可能な社会にふさわしい製品やサービスを幅広く検討するとともに、そのような新しい人工物を設計しライフサイクルを通じて運用していくための方法論について研究する。サイバーフィジカルシステムに基づくライフサイクルマネジメント方法論、環境調和型製品設計のためのCAD、シェアリングサービスのシミュレーションなど、デジタル技術を活用した次世代型の設計生産システムの開発を目指す。

研究室のサイトへ

photo

教 授

棟近 雅彦

MASAHIKO MUNECHIKA

◎プロフィール/理工学術院 教授

学生時代からから現在まで、品質マネジメントの研究、教育に従事。企業との共同研究も多数実践。99年からは、医療の品質マネジメントにも取り組み始め、医療安全、医療QMSについて、病院との共同研究を進めている。感性工学にも取り組み、企業と新製品開発を実践している。専門は、品質マネジメント全般。対外活動として、デミング賞審査員、ISO9000シリーズ規格を作成するISO/TC176の日本代表エキスパートなどを務めている。
東京大学工学部反応化学科卒業('82)、同修士、博士課程修了、工学博士('87:東京大学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
経営品質マネジメント
品質マネジメントシステム 他

◎研究指導/品質マネジメント研究

品質が良いとは、「要求との合致」であり、製品、サービスはもちろん、データ、文書等、人間の活動により得られる産物にはすべて品質の良し悪しが考えられる。本研究では、これらの産物の品質を高めるために有効な技法、概念の開発、改良を目指す。

研究室のサイトへ

photo

教 授

森 康晃

YASUAKI MORI

◎プロフィール/理工学術院 教授

通産省で基礎新素材対策室長等を勤め、素材や製品の開発政策を推進してきた。また、海外においても、中国、欧州に6年間勤務し、投資、技術移転に豊富な実践を有する国際派。専門は、知財マネジメント、産学連携、技術移転。最近は、中国・清華大学とのテレビ会議方式での共同講義など、アジアの研究者・留学生と日本人学生の交流プロジェクトにも注力している。
早稲田大学政治経済学部卒('77)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
グローバル経営と知財マネジメント
知財マネジメントの基礎 他

◎研究指導/知財マネジメント研究

イノベーションの創造をナビゲートする国際的な人材の養成を目的として、知的財産(特許、著作権等)、産学連携、国際産業協力をテーマとして研究する。具体的には、特許、著作権、ビジネスモデル、ノウハウ等に関する基礎的な考察を行い、ケーススタディを通じて、実践的な研究指導を行う。

研究室のサイトへ

photo

教 授

吉本 一穗

KAZUHO YOSHIMOTO

◎プロフィール/理工学術院 教授

企業における新工場設計・立地点選定プロジェクトや、生産拠点における改善・設計プロジェクトに多数参画。実務を通じて、モデル化、各種VRP (Vehicle Routing Problem: Location-VRP、Inventory-VRP) に対するアルゴリズムの開発、レイアウト技法の開発・研究に取り組む。経済産業省のサービス生産性協議会メンバーとして、生産性改善の活動も推進している。
早稲田大学理工学部工業経営学科卒('74)、同修士、博士課程修了、工学博士('85:早稲田大学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
ロジスティクスの実務と情報システム
ファシリティプランニング 他

◎研究指導/ロジスティクスエンジニアリング研究

施設を有形/無形の物・サービスを含む生産の場(たとえば工場のみならず、病院、オフィスなど)として広く捉え、その立地点選択・規模設定・レイアウト設計の概念および技法について解説する。また、サプライヤーから生産、そして消費者に至る「物(サービス)」の流れ、即ち輸送・配送・運搬システムの設計について、施設設計、SCMの事例を用い、現在の課題、解決方法について研究を行う。

研究室のサイトへ

photo

教 授

枝川 義邦

YOSHIKUNI EDAGAWA

◎プロフィール/理工学術院 教授

脳の働きやその仕組みの理解を基盤として人間の思考や行動を紐解き、実社会へ展開することを目指している。これまでには、脳神経科学分野でのネットワーク解析、脳活動計測、行動解析といった多層的なアプローチを行ってきた。一方、経営学分野では、マーケティングや人材育成、組織開発など、人間の活動が関わる分野への展開も図っている。東京理科大学薬学部卒(’93)、東京大学大学院薬学系研究科修士、同博士課程修了、博士(薬学)(’98:東京大学)、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科修了、経営学修士(専門職)(’07:早稲田大学)、早稲田大学スーパーテクノロジーオフィサー(STO)認定(’07)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
マーケティング・デザイン

◎研究指導/マーケティング・デザイン研究

マーケティングを顧客とのコミュニケーションと捉えて、効果的な情報伝達のための方法とその効果についての研究を行う。ミクロからマクロまで多層的なアプローチを実現するために、脳科学や生体計測、行動心理学、社会システム等の領域横断的な視点でマーケティングのデザインを目指す。

photo

准 教 授

大森 峻一

SHUNICHI OHMORI

◎プロフィール/理工学術院 准教授

IE(Industrial Engineering)、OR(Operations Research)の研究、それを活かした形の施設計画、ロジスティクス、サプライチェーンマネジメント、サービス工学の研究に従事。企業における生産性改善プロジェクト、ロジスティクスネットワーク設計プロジェクト等に多数参画。海外の企業・大学との共同研究・国際交流プロジェクト運営にも多数参画。
早稲田大学理工学部経営システム工学科卒('07)、同修士('09)、博士課程修了、博士(工学)('13:早稲田大学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
SCMのデザインと改革 他

◎研究指導/生産・サプライチェーンマネジメント研究

生産およびサプライチェーンマネジメントに関する研究を行う。「戦略レベルの意思決定」としてロジスティクスネットワーク設計・施設レイアウト設計、「戦術レベルの意思決定」として安全在庫配置・キャパシティ配分、「実行レベルの意思決定」として配送計画・発注方策・スケジューリングを対象とし、これらの問題に対して数理計画・最適化を中心に研究を行う。

photo

教 授

三原 康司

KOJI MIHARA

◎プロフィール/理工学術院 教授

修士課程修了後、ソニー(株)に入社。20年間に亘りIT、PC関連の企画管理、工場オペレーションなどに従事。その後、インターネット端末とサービス開発企業を創業。経営・マーケティングコンサルタントとして、多くの新企画・新システムを設計・施行。2012年から、大学教員として経営システム工学分野の教育に携わる。専門は、サービスシステム設計、企画・発想法。早稲田大学理工学部工業経営学科卒(’83)、同修士課程修了(’85)、早稲田大学商学研究科博士後期課程満期退学、博士(商学)(’11:早稲田大学)

◎担当授業科目

プロジェクト研究演習
製品・サービス企画マネジメント
サプライチェーン・トータル・サービスシステム設計

◎研究指導/製品・サービスシステム研究

製品・サービスシステムは、Hardware、Software、Infrastructureで構成され、顧客に提供するフロントステージと製品・サービスを設計・製造・調達するバックステージから成る。そしてこれらに対して、総合的に高い顧客価値を提供するトータル・サービス・システムを設計する必要がある。本研究では、製品・サービスシステムに関して、機能中心のシステム設計理論そしてQFD、VEなどの手法を活用し、トータルにサービス・クオリティを高めるための理論・方法論やモデルの構築に関する研究を行う。

研究室のサイトへ

photo

講 師

松野 思迪

KOTOMICHI MATSUNO

◎プロフィール/理工学術院 講師

CPFR(Collaborative Planning Forecasting Replenishment)のコンセプトに基づいた生産流通の 協調業務に関わる研究に従事。企業間の効果的なコラボレーション活動を実現するための情報 共有、協調取引、共同計画などのマネジメント方法の開発に取り組んでいる。
上海海洋大学情報学部卒('06)、早稲田大学創造理工学研究科修士('12)、同博士課程修了、博士(経営工学)('19:早稲田大学)

◎担当授業科目

SCMのデザインと改革
プロジェクト研究演習

photo

教 授

後藤 正幸

MASAYUKI GOTO

◎プロフィール/理工学術院 教授(兼担:経営システム工学専攻)

情報数理と経営工学の基礎研究分野をベースとしつつ、東京大学助手時代よりビジネスモデル分野の研究に携わる。武蔵工業大学環境情報学部では、ITを活用した教育、マーケティング分析、環境ロジスティクスなどの研究活動に従事。
専門は、情報統計・情報数理、経営情報分析の基礎技術をベースとした経営工学、情報工学分野の基礎と応用。最近は、インターネット時代のマーケティング分析手法の開発や様々なネットマーケティングモデルの評価にも取り組む。
武蔵工業大学工学部経営工学科卒('92)、同修士課程修了('94)、早稲田大学理工学研究科博士課程修了、博士(工学)('00:早稲田大学)

◎担当授業科目

経営情報分析技法

◎研究指導/経営情報学研究

マーケティング分析や戦略分析など、経営活動の諸問題を対象とし、経営情報学的な視点に基づく研究を扱う。経営の諸活動における情報技術の活用、並びに、日々蓄積される膨大な情報を分析して経営活動に役立てる技術、それらの情報分析技術を正しく活用する方法論についても研究対象とする。

研究室のサイトへ

photo

教 授

小松原 明哲

AKINORI KOMATSUBARA

◎プロフィール/理工学術院 教授(兼担:経営システム工学専攻)

金沢工業大学教授を経て、現職。日本人間工学会認定人間工学専門家。専門は、人間生活工学。生活者を視座においた製品開発、生活設計、ワークシステム設計、ヒューマンエラー防止のための技術開発に取り組む。家庭、産業、社会などの人間の生活において、人が関わる人工システムの、人間・生活適合化の開発方法論研究を行っている。
早稲田大学理工学部工業経営学科卒('80)、同修士、博士課程修了、博士(工学)('91:早稲田大学)

◎担当授業科目

利用品質設計

◎研究指導/ヒューマンファクターズマネジメント研究

人間中心設計過程に基づく製品開発、ワークシステム設計を扱う。具体的には、人間工学および人間生活工学に基づく商品企画、製品設計、ヒューマンエラー防止、人的生産性向上等の方法論を研究する。

研究室のサイトへ

photo

教 授

膳場 百合子

YURIKO ZENBA

◎プロフィール/理工学術院 准教授

専門は社会心理学で、組織と組織構成員と外部社会の関係について、心理学的な観点から研究している。具体的には、組織の不祥事に対する一般の人々の反応が文化によってどのように異なるか、組織の信頼はいかにして回復されるか、集団と個人の関係に関する認知が文化によってどのように異なるか、など、組織行動に関わるテーマを研究している。
東京大学文学部社会心理学専修課程卒(’94)、東京大学大学院人文社会系研究科修士、同博士課程修了(’05)、博士(社会心理学)('07:東京大学)

◎担当授業科目

組織行動マネジメント演習

◎研究指導/組織行動マネジメント研究

組織の不祥事に対する一般の人々の反応を研究する。一般の人々の反応を知ることは、社会に受け入れられる組織を設計していく上で重要である。具体的な研究としては、不祥事に対する一般の人々の責任判断、組織に対する信頼回復、組織内外の視点の違いがもたらす認識の乖離などを扱う。

客員教授

池田 和明 KAZUAKI IKEDA
(客員教授)
プロジェクト研究演習
石川 雅崇 MASATAKA ISHIKAWA
(客員教授)
企業経営論、カスタマーリレーションシップマネジメント:CRM
小島 史夫 FUMIO KOJIMA
(客員教授)
生産システム工学
堀井 秀之 HIDEYUKI HORII
(客員教授)
イノベーション・デザイン、プロジェクト研究演習
村山 徹 TOHRU MURAYAMA
(客員教授)
プロジェクト研究演習、技術系経営幹部講話

兼担教員

葛山 康典 YASUNORI KATSURAYAMA
社会科学総合学術院 教授 (研究室のサイトへ
ファイナンス・投資戦略論

非常勤講師

赤木 宏匡 HIROMASA AKAGI
鹿島建設(株) エンジニアリング事業本部 次長
ファシリティプランニング
伊津見 一彦 KAZUHIKO IZUMI
(株)関通 システム開発部長
ロジスティクスシステムデザイン
小川 健秀 KENSHU OGAWA
(株)アジアントレードリンク 執行役員
グローバルSCMの基礎と実際、ロジスティクスシステムデザイン
菊間 裕二 YUJI KIKUMA
PLMアーキテクチャラボ アーキテクト
製品開発情報システム
近野 泰 YASUSHI KONNO
(株)野村総合研究所 パートナー
技術経営論、先端技術産業分析 他
澤口 学 MANABU SAWAGUCHI
立命館大学大学院 テクノロジーマネジメント研究科 教授、(有)バリューマネジメント研究所 取締役・所長
価値・コストエンジニアリング、プロジェクト研究演習 他
関 利隆 TOSHITAKA SEKI
新更商事(有) 代表取締役社長
ファシリティプランニング
出口 幸之進 KONOSHIN DEGUCHI
(株)三越伊勢丹ホールディングス Executive Officer
ファイナンス・投資戦略論
中川 隆之 TAKAYUKI NAKAGAWA
(株)野村総合研究所 上席コンサルタント
技術経営論、技術アライアンスマネジメント 他
中山 景央 KAGEHISA NAKAYAMA
高千穂大学 経営学部 助教
プロジェクト研究演習
則武 祐二 YUJI NORITAKE
株式会社リコー リコー経済社会研究所 顧問/主席研究員
環境調和型生産システム
細矢 泰弘 YOSHIHIRO HOSOYA
(株)日本能率協会コンサルティング シニアコンサルタント 参事 RD&E統括
製品開発マネジメント概論
本橋 伊作 ISAKU MOTOHASHI
立命館アジア太平洋大学 国際経営学部 非常勤講師、元(株)ブリヂストン執行役員
グローバル生産システム論
八木 英一郎 EIICHIRO YAGI
東海大学 政治経済学部 教授
経営計画分析技法

2021.4.1 現在